相続放棄とは、本来自分が相続する権利があるのにそれを放棄し、最初から相続人ではなかったことにする手続きです。
相続人の間で宣言するだけでは足りず、家庭裁判所に出向いて公的に手続きをとらなければなりません。
相続で労力なくして財産を受け取れるといえば、誰もが喜びそうなはずですが、どうしてこのような手続きがあるのでしょうか。
どんなときに利用されているかといえば、たとえば、故人が多額の借金を抱えて死亡した場合が考えられます。
相続はプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も承継します。
そのため、プラスの財産が不足していれば、相続人のお金で借金を返済しなければなりません。
この負担を避けるため、相続放棄をするケースがあるのです。
また、たなぼた的な利益を得ることを潔しとしない方や、老親や生活に困っている兄弟姉妹や、亡くなった人の面倒を看てくれた人により多く相続させたいという思いから、自分の相続分を放棄する人もいます。

家庭裁判所に相続放棄の申述をするためには、管轄裁判所に、相続放棄の申述書と、必要な添付書類を提出してする必要があります。
必要な書類としては、まずは戸籍があげられます。被相続人の相続関係を明らかにするため必要な書類です。また、 被相続人の住民票の除票又は戸籍附票が必要です。これは、管轄の判断のために必要な書類です。必要な戸籍の範囲については、申立人と被相続人の関係がどのようなものであるのかによって異なります。被相続人の配偶者が申し立てる場合と、被相続人の兄弟が申し立てる場合とでは、必要な戸籍の範囲がかなり異なります(兄弟の場合の方がかなり戸籍が大量に必要となります)。
相続放棄に必要な書類の解説はこちら

これらの書類は、管轄裁判所で最初に相続放棄を申述する相続人について必要となる書類であり、もし同一の裁判所に、続いて相続放棄の申述をする相続人がいた場合には、同一の書類を省略することが可能です。

相続放棄の申立がなされると、家庭裁判所では、形式的な審査と実質的な審査の両方を行います。まずは添付書類から、申立ての管轄が間違いないかとか、申し立てた人が相続人に該当するのかなどを審査します。

相続放棄の申立をするのは、法定相続人にですから、法定相続人以外の相続人から相続放棄の申立があったとしても、受理することはできません。たとえば、被相続人に子供があった場合に、その子供が相続放棄の手続きをする予定があるからと言って、次順位の相続人となるべき相続人の親が、先順位の相続人である子供が相続放棄をする以前に相続放棄の申立をすれば、それは法定相続人以外の者からの相続放棄申立ということになりますので、受理されないということになります。

そして実質的な審査の内容としては、申述者に対して、照会書という書面を送付して、その回答を検討するということになります。また、書面審査では判断がつかないようなケースでは、申述者に対する審問が開かれることになります。これらの審査では、たとえば熟慮期間である3カ月の期間を超過している場合には、それについて相当の理由があるかどうかを、判断するということになります。実務的には、相当の理由がないと明らかに判断できる場合を除き、申述を受理する扱いとなっています。


遺産相続と言えば、私達はポジティブな印象を持つ事が多いです。しかし実際には、反対であるケースも存在します。
亡くなった人物に多額の借金があった場合、遺族が遺産相続手続きを進めるとマイナス要素も同時に受け取る結果になります。
土地の権利や美術品などの価値のある動産類が相続出来る事はメリットですが、故人の借金まで受け継いでしまっては、かえってリスクが生まれます。
手続きを進める際は、必ず良い意味で「損得勘定」を行いましょう。
もしマイナス要素の方が大きいことが分かったら、素早く相続放棄の手続きを進めたいところです。
未返済の借り入れ、知人からの借り入れなど、お葬式が終わり次第そういった事柄を身内で調査した方が良いでしょう。借り入れの有無については、信用情報機関の情報を開示するなどして調査することが可能です。
相続放棄の手続きはやや専門的な知識が要求されます。家庭裁判所に申述してする必要があります。添付書類としては、被相続人との相続関係のわかる戸籍や、被相続人の住民票の除票などが必要となります。
事務仕事やお役所仕事が苦手な方々は、最初から素直にプロに委託した方が良いかもしれません。
今では相続手続きの相談が出来る法律事務所が豊富にあります。
相談だけならタダというサービスも多いので、とりあえず困ったら身近な弁護士さんに打ち明けてみましょう。

相続放棄するということは、全ての財産を放棄するということです。
つまりプラスの財産も手放すことになります。
きちんとそのことを理解した上で、相続放棄を行いましょう。
また放棄できるのは相続を知ってから3か月といわれていますが、場合によっては借金があることを知ってから3カ月でも対応してもらえる可能性はあります。
それでも時間がたてばたつほど、放棄するのが難しくなる恐れがありますので、相続が発生した時点ですぐに法律の専門家に相談し、調べてもらいましょう。
そして相続放棄する際の注意点なども、しっかりときいてください。
自分たちが放棄するとその後はどうなるのか、メリットの他にデメリットはないのか、他に選択肢がないのか、など自分たちでは正しい判断ができないことを、専門家に教えてもらうのです。
また放棄をしたいと思っている間に、行ってはいけない行為もあります。
たとえば、相続財産を処分するような行為です。このような行為を行うことで、相続放棄が受理されなくなるということもあり得るので、注意してください。
裁判所のホームページ|相続の放棄の申述

最近のブログ記事